Anxious girl looking at pimple on her cheek in mirror

多くの方が一度は悩んだことがあるニキビ。
毛穴のつまりや脂性肌が原因だと思っている方が多いのではないでしょうか。
しかし、ニキビの原因になるのはそれだけではありません。

実は乾燥もニキビの原因になるのです。

脂性肌も乾燥もニキビの原因になる。矛盾しているように感じますよね。

そもそも脂性肌とは、皮脂の分泌が過剰になっている肌のことです。
そしてニキビとは、アクネ菌という細菌が繁殖している状態になります。

このアクネ菌は毛穴の中や肌表面の皮脂
ときには毛穴の周りの皮膚をエサにして繁殖していきます。

性脂肌はほかの肌質に比べ、アクネ菌のエサになる皮脂が多いため
ニキビができやすいのです。

皮脂が多いということアクでネ菌が繁殖しやすいのなら
なぜ、乾燥している肌にもニキビができるのでしょうか。

実は、肌が乾燥している状態になると、肌のバリア機能である皮脂膜を
うまく作れなくなります。
バリアがない肌は乾燥している肌細胞を守ろうとし皮脂を過剰に分泌しようとします。

その過剰に分泌された皮脂によりアクネ菌が繁殖してしまい
ニキビの原因になってしまうのです。

この乾燥ニキビはどうしたら防ぐことができるのでしょうか。

 

 

Fotolia_105486214_Subscription_Monthly_M (1)

 

それは、スキンケアの見直しです。
乾燥している肌にはしっかりと水分を与えてあげること
分泌された皮脂をとりすぎないことが大切になります。

まずは洗顔です。
一日二回以上の洗顔は避けましょう。
そして洗うときは、泡立てネットなどを使用し、
充分に泡立ててから泡を転がすように優しく洗いましょう。

しっかり泡立っていない状態での洗顔は肌への負担が大きくなります。
また、顔のテカりが気になるときは、あぶらとり紙ではなく
ティッシュを使うだけで十分です。

ティッシュなら皮脂の取りすぎ防止になります。

そして、化粧水を使うときはケチケチせずにたっぷり使用しましょう。
高い化粧水でなくても構いません。
たっぷりと手に取りしっかり肌に浸透させます。
手に肌がくっついてくるようになるまで優しくパッティングをしましょう。



オリーブオイル

そして、もう1つの対策は食事で良質な油をとることです。

オリーブオイルや最近話題になっているココナッツオイル。
DHAやEPAの多い青魚。
アーモンドやカシューナッツ、くるみなどのナッツ類。

上記のようなものをは保湿効果が高いので乾燥対策になります。
積極的に摂るようにしましょう。
しかし、カロリーやコレステロールが高いので摂りすぎは禁物です。